メンテナンス

下水道維持管理

 都市機能の根幹を支える下水道。
その重要な公共施設の運転維持管理から包括的委託まで豊富な経験と高い技術力で対応し、公共用水域の水質保全に大きな役割を果たしています。

 

【業務内容】

  • 流域下水道、公共下水道終末処理場の運転維持管理
  • 中継ポンプ場、マンホールポンプ場の(緊急対応)維持管理

流域下水道、公共下水道終末処理場の運転維持管理

【処理施設の運転管理】

 処理施設は、24時間、365日休むことなく稼動しています。処理施設により、流入水量、流入水質は様々で、時間的、季節的に大きく変動するため、効率的運転と最良の放流水質を維持するためには、専門知識及び経験を必要としています。弊社は、長年に渡り積み重ねてきた高い技術力により、水質、各設備、汚泥処理等、総合的に判断し、効率的な運転管理を行います。

【点検整備】(保守点検・維持修繕)

 処理施設には、ポンプ設備、消化タンク、汚泥脱水機等の機械設備及び各種電気設備など膨大な数の機器設備が設置されています。弊社では、保守点検基準、定期点検計画等を作成し、この計画に基づき効率的な保守点検及び修繕を提案します。また、事前に設備診断を行い予防保全を図ると共に計画的な改築更新の提案を行う事が可能です。

【管理・点検】

 中継ポンプ場やマンホールポンプは、汚水を下水道処理場に送る重要な役割をしてるため、適切な運転管理や修理・点検が必要です。処理施設同様に弊社では高い技術力と専門知識及び経験を生かし、効率的な管理・点検を行います。

 また、日常の点検作業、マンホールポンプ場の清掃、定期点検はもちろんのこと、ポンプ故障等による緊急時に於いても、24時間体制で対応が可能です。

【水質管理】

 処理施設の運転にあたり、効率的運転と最良の放流水質を維持するためには、各処理工程での適切な水質管理が必要です。弊社では、法定検査を初めとする水質・土壌・大気の各種分析機関として計量証明事業を行っており、定期あるいは臨時の水質検査により、処理状況の変化を迅速に捉え、対応が可能です。

 また、得られたデータは処理施設の適正な維持管理に活用し、「水質汚濁防止法」などに定められている放流水の排出基準に適合するように水質管理を行います。
 

各種資料

関連リンク

【包括的民間委託】

 近年、自治体では厳しい財政状況の中で予算不足や職員数の削減が深刻化しており、下水道施設を抱える自治体にとっては、維持管理がコストと作業量の両面で大きな負担となっています。

 下水道施設の維持管理におけるこれらの負担を軽減するための方策のひとつとして、民間の創意工夫や一括発注によるコスト縮減効果が期待できる「性能発注」方式による「包括的民間委託」や「指定管理者制度」があり、導入する自治体は年々増加しています。

 「包括的民間委託」や「指定管理者制度」を導入するためには、導入時におけるリスク分担、サービス水準等の契約内容の設定、受託者の選定、維持管理内容の評価等を高い技術的知見を持って行うことが重要となります。弊社では、性能発注レベルのレベル1からレベル3に対応できます。

業務範囲
運営業務 運転管理業務 保守点検業務
環境計測業務 環境整備業務 保全管理業務
物品管理調達業務 緊急対応業務   施設修繕業務  
施設台帳の整備  
(出典 国土交通省都市・地域整備局下水道部下水道企画課下水道管理指導室)
(出典 国土交通省都市・地域整備局下水道部下水道企画課下水道管理指導室)

このページのトップへ